ホームページにようこそ


関東松濤会は、関東地区の坂出高校卒業生の集まりです。卒業生であればどなたでも会員として行事等に参加できます。

ホームページは、関東松濤会の行事並びに広報活動、そして会員相互及び同窓関係者のコミュニケーション促進の場として開設しました。

 

 

関東松濤会会長ご挨拶

前会長、清水忠一氏の方針を受け継ぎ、会の目的を以下のように挙げます。
1.会員相互の親睦を図る
2.会員相互の助け合いに努める
3.母校および郷土の発展並びに後進の成長に寄与する

さらに前記の目的を達するために、特に「若い世代の卒業生組織化の推進」に重点を置いて世代間の交流を推進したいと考えております。
この伝統ある会を皆様のご尽力を仰ぎ、さらに充実させていきたいと願っております。
何卒よろしくお願い致します。

2015年5月
多田羅迪夫(たたら みちお)S40年卒

 

関東松濤会総会・懇親会について

坂出高校卒業生の老若男女大勢の同窓会員が一堂に会し、毎年5月に東京にて開催しています。
第1部(総会)は、関東松濤会の前年度の活動報告及び今年度の活動方針が示されます。
第2部(懇親会)は、坂出高校からは学校長をお迎えし、また音大生による素晴らしい演奏披露もあり、お土産も用意されています。
若い方の参加も増加しています。なお、学生は参加費無料となっています。

なお、参加費、年会費、賛助金等につきましては、総会・懇親会開催案内状に記載しています。また関東松濤会会誌(SAKAS)にも要領記載しています。

 

カルチャーセミナーについて

会員相互の交流と懇親を深めるため、自由議論の時間を設けた双方向性のカルチャーセミナーを企画しています。
参加者が、
①異文化、異業種に関する一層の理解
②実生活への応用のヒント
③新しい人脈の形成
④好奇心の満足
などを、楽しく得られることをも期したものです。
講師は各界で活躍する卒業生が担い、年1回を目途に冬季に開催しています。

 

松濤会合唱団について

関東在住の坂高卒業生だけで混声合唱団を作ろうの声がけによりスタートしました。
現在、多田羅会長(東京藝術大学名誉教授)指導の下で、概ね毎月1回(日曜日の午後3時間)合同練習しています。
毎年の関東松濤会総会・懇親会での演奏はもとより、学校創立百周年記念式典・演奏会や東京香川県人会でも演奏披露しました。
※練習日についてはホームページの「行事活動予定」をご参照ください。

 

関東松濤会会誌(SAKAS)について

関東松濤会では会誌「SAKAS」を年1回目途に、春期に発行して会員の皆様にお届けしています。
年度活動方針、坂出高校及び坂出市の現況、同窓生仲間の動きや同窓同期会報告、総会・懇親会やカルチャーセミナー実施報告、そして時事特集など、主に皆様からの寄稿・投稿から成り立っています。
※「SAKAS」という名称は、SAKAKOU(坂高) ALUMNI(同窓会) KANTOU SHOUTOUKAI(関東松濤会)の頭文字を取って命名したものです。

【過去の発行会誌】

2019年4月発行(第10号 44頁)10号記念

2018年4月発行(第9号 44頁)学校創立百周年記念


2017年4月発行(第8号 40頁)新校舎完成


2016年4月発行(第7号 40頁)


2015年4月発行(第6号 36頁)


2014年4月発行(第5号 36頁)


2013年4月発行(第4号 28頁)


2012年4月発行(第3号 24頁)


2011年2月発行(第2号 28頁)


2010年3月発行(創刊号 16頁)

ページ上部へ戻る